東京で巻き爪のクリニックを行ってくれるところがあるんですよ。ぜひ巻き爪で悩んでいる方はこちらに相談してみてくださいね。

自分の身体のことを、本当によく理解しているでしょうか? 残念ながら、我々は生きているうちに、多くの傷、病気などをその身体に負ってしまいます。
中には、先天的に影響が出るものもあり、一生付き合っていかなければならないものもあります。「巻き爪」もそのうちの一つでしょう。

私の知り合いに、長年、巻き爪に苦しんでいる人がいます。彼の両足の親指の爪は、両端が反り返り、肉に食い込むように伸びています。典型的な、巻き爪の症状です。
彼は巻き爪の症状について、幾つもの病院に通い、多くの医者に相談したそうです。しかし、どれだけ相談しても、治療を受けても治りませんでした。
今はもう医者に相談することもなくなり、軽度のうちに自分で爪を切る対処療法的な処置しか取っていません。もちろん、それでは完治することはなく、爪が伸びる度に痛みに苦しんでいます。

彼が相談することをやめたのは、どれだけ病院に通っても、医者から勧められる治療方法を試しても、巻き爪が治らないからでした。治療方はないらしい、と諦めてしまったのです。
しかし実は、巻き爪には、有効だといわれる治療方法が存在し、その治療を受けることによって、多くの人がその苦しみから解放されています。

一方では、治療を受けることによって症状が緩和され、一方では諦めてしまう人がいる。同じ症状なのに、どうしてこうも認識に違いが出るのでしょうか?
それは、巻き爪に限らず、他のどんな症状に対しても同じことが言えます。
自分の身体に負った傷や病気を治すために重要なのは、適切な病院を探し、適切な治療を行える医者に診てもらうことなのです。